スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


梟-フクロウ-
營隊倒數第二天躺在深夜十二點的學校操場上,訝異於在台北這樣一個白城市的邊陲居然看的到繁星點點,貓空果然是個美麗的地方。

處女座α星適中的光線讓我與他們相遇,從那之後每次看見滿天星斗就想聽到他的歌聲。鬱藍的天空中隱約捲起鐵藍色群雲,瞬間你所能感受到的強大吸引力,其實與有村竜太朗的詩句無異。

他總是能夠毫不手軟地捲走我的整顆心。對我來說他的存在就像是一整片海洋或是一整片夜空。像水一樣細緻溫柔像星座一樣美麗。一旦喜歡上,每當試圖尋求慰藉或是創造些什麼的時候,自然而然就會往他的方向前進,自然而然就會躲進他的歌聲裡。

他筆下的那些詞句也是,我想自己總有一天會溺死在他的文字裡。

07/16. 23:40 [ プラ木 ] CM0. TB0 . TOP ▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://uedasense.blog87.fc2.com/tb.php/424-9504b49a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。