スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


調整
DSC03729.jpg

他在路上開車的時候會打開收音機來聽,直到再也受不了時就關上,然後等到他受不了孤寂時,又會再次打開。到了第三天,他整個人變的不言不語,沉默並且覺得孤獨,他也不知道為什麼。他一直都習慣自己一個人過生活,在工作的時候當然也沒有同伴,他也不需要。他最不想要的就是有個人對他說話說不停。開了好幾公里路之後,他才知道自己想要什麼。


──── 勞倫斯‧卜洛克 / 殺手系列‧〈調整〉

--

讀到這段的時候忽然一陣像既視感一樣毫無道理的感同身受。



以上。



01/14. 16:25 [ 日記 ] CM2. TB0 . TOP ▲
  
コメント

必要的時候在你的助手席放隻娃娃吧。
---------- 小喬. URL│01/14. 19:49 [ 編集 ] -----

我可能會放個貓印。
---------- 奶昔. URL│01/15. 00:00 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://uedasense.blog87.fc2.com/tb.php/494-b0e1b2f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。